GIBSON J-160E
【 1968 】

¥280,000 (税込¥308,000)
Special Price !
¥200,000
(税込¥220,000)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX++
 
TOP: Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Rosewood
BRIDGE: Rosewood
TRIM: Black & White
ROSSETTE: Black & White
PICK GUARD COLOR: Tortoise Color
POSITION MARK: Trapezoid Inlay
TUNER: Kluson
BRACING: Ladder Bracing
NUT WIDTH: 40mm
SCALE: 628mm
Body Width at Upper Bout: 292mm
Body Width at Lower Bout: 405mm
Body Length: 512mm
Body Depth at Top: 100mm
Body Depth at End: 125mm
OTHERS1: P-90 Pickup
OTHERS2: Sunburst Finish
OTHERS3: Adjustabale Saddle
 
 アコースティックギターをエレキギターにという大胆な発想でギブソンはLGサイズを元にしたCF-100Eというエレアコモデルを1951年に製造、その後1954年に今度はJ-45同形のラウンドショルダーモデルへと発展し、J-160Eは誕生しました。指板エンドにピックアップ、ボディトップにコントロールを2つ装備したインパクトあるルックスの持ち主。また外見以外でもラミネイト材によるボディ形成、ラダーブレイシングなどもこのモデルの特徴。元来が生での鳴りのよさを求めて作られてはいないのですが、かえってこのギターの独自のサウンドを作ったことになりました。ネックが15フレットジョイント。指板のポジションマークがディッシュインレイなのもこのモデルならでは。こちらの1968年式はネジ留め式の厚型ラージピックガード、ナローネックも特徴的。ブリッジがホール側に膨らむ形状のアッパーベリーブリッジは最終期。二こぶツマミのクルーソンペグもオリジナル。全体的なウェザーチェック、使用傷はありますが、年式以上のきれいさは保っている外観です。アジャスタブルサドルの可動も余裕あり、ピックアップによるアンプ出力も問題ない状態です。ガシャっとした軽く乾いた生鳴りで、どこか耳になじんだ情趣あふれるサウンド。弾き語りにもオススメです。持ち運びに便利なセミハードケースが付属します。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.