GIBSON L-5
【 1940's 】

¥550,000
(税別)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX-
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Maple
NECK: Maple
FINGER BOARD: Rosewood
BRIDGE: Rosewood
TRIM: Black & White
POSITION MARK: Block Inlay
TUNER: Kluson
BRACING: Parallel Bracing
NUT WIDTH: 44mm
SCALE: 645mm
Body Width at Upper Bout: 320mm
Body Width at Lower Bout: 434mm
Body Length: 530mm
Body Depth at Top: 86mm
Body Depth at End: 86mm
 
 ジャズギターのスタンダードとも言われるギブソンL-5。革新的技術者として有名なロイド・ロアーにより、Fホールを持つ初のアーチトップギターとして1922年に発表されたモデルです。同社フラットトップギターと同様に年毎に仕様変遷を繰り返していきますが、1935年からは17インチのモデルとしてマイナーチェンジしていきます。こちらの楽器は内部ラベルの文字はほぼ消えてしまっている為、詳細な年式が不明ですが、1940年代中頃のモデルと思われます。太目の筆記体パールロゴや重厚感のあるカバーのクルーソンペグが特徴的です。ボディサイドにはダイナミックなトラ目、バックには繊細に輝くトラ目のメイプル材が用いられた気品漂うルックス。一度ピックアップを取り付けた痕が見受けられ、それに伴い全体的にリフィニッシュがされていますので、外観的にはオールドギターとしての雰囲気は薄いのですが、艶のある削り出しアーチの流麗な美しさには見とれてしまいます。さすがに上位機種としての華のある佇まい。その他fホール際にトップクラックの補修歴はありますが、リフィニッシュなども含め、これまでのオーナーが大切にしてきたことが感じられ、演奏性も良好に保たれた状態です。サウンドにはしっかりと経年感が出ており、乾いた骨太な響き。ジャズはもちろん、カーターファミリーなどルーツ系音楽等に強力お勧め。近年物のギブソンロゴ入りボブレンケースが付属します。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.