Giannini Craviola CWNCRA6
【 1994 】

¥80,000
(税込¥88,000)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX+++
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Palisander
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Rosewood
BRIDGE: Rosewood
TRIM: Wood
ROSSETTE: Wood
TUNER: Side Mount
BRACING: Fan Bracing
NUT WIDTH: 50mm
SCALE: 650mm
Body Width at Lower Bout: 393mm
Body Length: 508mm
Body Depth at Top: 86mm
Body Depth at End: 94mm
 
1900年創業のブラジルのメーカー、ジャニーニ。あまり出回ることもなく、珍しいギターです。この独特な形状のモデルはクラヴィオーラと呼ばれ、同じ形状の12弦ギターを1970年代にジミー・ペイジが使用したことでも知られており、その写真も検索すると出てきます。また、日本のメーカー、フェルナンデスが製造するアンプ内蔵ギター、ZO-3の元になったとかならないとか。言われてみれば形が似ています。こちらはナイロン弦モデルでトップはスプルース単板、サイド&バックはローズ系の合板です。ボディ幅は最大で390mmほどでガットギターとしては大き目ですが、独特な形状のせいか座って抱えてみたときのホールド感は良いです。沈み込むような独特の深みのある響きでサウンドも個性的です。25年以上経過しておりますが、使用感は薄く、クラック等もなくきれいな表面状態です。演奏性も良好。ボディ形状と同様のチップボード製ケースが付属します。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.