GUILD D-25M
【 1978 】

¥100,000
(税込¥108,000)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Rosewood
BRIDGE: Rosewood
TRIM: Black & White
ROSSETTE: Black & White
PICK GUARD COLOR: Tortoise Color
POSITION MARK: Dots
TUNER: Guild Schaller Type
NUT WIDTH: 43mm
SCALE: 650mm
Body Width at Upper Bout: 293mm
Body Width at Lower Bout: 400mm
Body Length: 509mm
Body Depth at Top: 105mm
Body Depth at End: 133mm
 
 ギルドギターの中で最もシンプルなスタイルを持つD-25M。ブラウンカラーがなんともいい風合いです。古くはマルチな弦楽器プレイヤー、デヴィッド・リンドレーが使用していたことでも有名でしょうか。1978年製でマホガニーのラウンドバック構造も特徴的。現行品のギルドギターと違い、ズッシリとした重みもこの頃の特徴で、見た目同様重厚感のある響きが楽しめます。ラウンドバック構造による音の広がりもあり、ストロークして豪快にかき鳴らすのにピッタリです。とはいえ指で軽く弾いても、マホガニーの優しい甘い鳴りも楽しめます。この鳴りのせいでしょうか、かなり使い込まれた状態で、サウンドホール周囲はかき鳴らしの跡が目立ちます。また、ピックガードを追加していたようでブリッジとサウンドホールの間に塗装の剥げがあり、同様にボディバック面にも見られます。演奏面ではフレットなど消耗品の余裕もあり、ネックも良好ですので見た目をあまりにせずガシガシ弾かれる方には、ビンテージ楽器としては価格も抑えめでオススメです。オリジナルハードケース付属。L.R.Baggsのエレメントピックアップも装備していますのでライブ用にもすぐに使えます。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.