Kalamazoo KG-14
【 1930's 】

¥250,000
(税込¥275,000)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX-
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood
BRIDGE: Brazilian Rosewood
PICK GUARD COLOR: Tortoise Color
POSITION MARK: Dots
TUNER: 3-on-plate
BRACING: Ladder Bracing
NUT WIDTH: 43.5mm
SCALE: 628mm
Body Width at Upper Bout: 260mm
Body Width at Lower Bout: 375mm
Body Length: 491mm
Body Depth at Top: 88mm
Body Depth at End: 111mm
OTHERS1: Sunburst Color
 
1940年前後にギブソンカラマズー工場にてその廉価ブランドとして製造されていたカラマズー。このKG-14はギブソンL-0、00といったボディ幅370mmほどのスモールサイズの人気モデルと同型で、スプルーストップにマホガニーサイド&バック。やや小さめのファイヤーストライプ柄のピックガード、5〜12フレットまでのポジションマーク、トップのみのバインディングにサンバーストカラーという飾り気を抑えたシンプルな作りがなんとも渋いモデルです。米ビンテージスタイルのハイエンドギターを製造するコリングスがこのモデルに着目し、Warterlooというブランド名で再現するなど、近年は更に注目度も高まり、ビンテージ品の流通もレアとなっております。ネックは厚みのあるくっきりとしたVシェイプ。内部ブレイシング構造もシンプルにラダーパターンで、独特のワイルドかつドライなサウンドが魅力的。ブルース、フォーク系の弾き語りのプレイヤーにはルックスもサウンドも魅了される1本です。ボディバックにクラックの修理痕、全体的にも傷、塗装の剥げ等さすがに荒めに扱われてきた様子、ブリッジ周囲トップの膨らみはありますが、80年近く経過していることを考えればよく残ってきたと言ってあげたくなります。。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.