Kaoru
Ditson Style1 Reproduction
【 NEW 】

¥500,000
(税込)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: NEW
 
TOP: Solid Adirondack Spruce
SIDE&BACK: Solid Honduras Mahogany
NECK: Honduras Mahogany
FINGER BOARD: Ebony
BRIDGE: Ebony
ROSSETTE: Wood
POSITION MARK: Dots
TUNER: Golden Age Side Mount
BRACING: Fan Bracing
NUT WIDTH: 45mm
SCALE: 622.3mm
Body Width at Upper Bout: 212mm
Body Width at Lower Bout: 287mm
Body Length: 446mm
Body Depth at Top: 82mm
Body Depth at End: 100mm
OTHERS1: 12 Fret Joint / Slotted Head
 
 石川鷹彦や渡辺香津美など名だたるギタリストのモデルを手掛けた熊本の中島馨氏が製作したディットソン・オマージュモデル。20世紀初頭、ニューヨークの楽器販売商社ディットソンのオーダーによりマーティン社で製造されていたモデルを再現。マーティンメイドのディットソンギターについては、そのオーダーの中から現在ドレッドノートとして定着しているモデルの原型が生み出されたことでも有名ですが、こちらはボディ幅282mmの大変コンパクトなサイズ。くびれの少ない独特なボディは当時流行していたハワイアン演奏スタイルに合わせ、トップ面を上にして弾くことを想定した形状で、オリジナルのディットソンにはスラック・キープレイ用のエクステンションナットが付属していたそうです。現品に話を戻すと、トップにはアディロンダック、サイド&バックはホンジュラスマホガニー、12フレットジョイントにスロッテッドヘッドでシンプルながら上品なルックス。ヘッド化粧とボディエンドの飾りにはハカランダが添えられています。接着工程は全てニカワ、ナットとサドルは象牙にて作られております。サイズからは思いもよらない芯の太い鳴りと深みのある響きに驚かされます。スタイルはニッチかもしれませんが、スライドではなく通常スタイルの演奏でも十分なサウンドです。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.