MARTIN D-18
【 1946 】

¥920,000
(税別)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX+
 
TOP: Solid Adirondack Spruce (4-Piece)
SIDE&BACK: Solid Mahogany
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Ebony
BRIDGE: Ebony
TRIM: Black & White
ROSSETTE: Black & White
PICK GUARD COLOR: Tortoise Color
POSITION MARK: Dots
TUNER: Waverly Open Gear Nickel
BRACING: Non Scalloped X
NUT WIDTH: 43mm
SCALE: 645mm
Body Width at Upper Bout: 295mm
Body Width at Lower Bout: 397mm
Body Length: 507mm
Body Depth at Top: 99mm
Body Depth at End: 124mm
 
 第二次世界大戦終結後の1946年製の貴重なD-18。ネック内部のロッドは終戦によりエボニーからスティールTバーへと戻される年ですが、こちらの楽器はエボニーロッド、ボディ内部ブレイシングは1944年以降のノンスキャロップです。どちらかというと戦中スペックのモデルになります。トップ材もアディロンダックスプルースからシトカスプルースへと切り替わる年でもありますが、このモデルはアディロンダックを使い切るために4枚継ぎで組まれております。同じく46年製で000サイズ等では見られることがありましが、ドレッドノートでは大変珍しいでしょう。演奏面に関わる部分は徹底的に手直しされており、ネック角調整済み、ブリッジは新しく交換されてサドル高がしっかりあります。ボディの塗装はオリジナルで60年以上のヴィンテージ品としての風格を湛えた外観。ネックだけは薄くなった塗装やカポタストの痕等なだらかにする為にオーバーコートされておりますが、使い込まれた雰囲気を損なっておりません。サウンドは張りのある中低音ときらびやかな高音の混ざり具合が絶妙。音色にも経年した木の質感が感じられる素晴らしいヴィンテージサウンドです。一度弾いたら虜になること間違いなしです。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.