Ervin Somogyi
Modified D Cutaway
【 2005 】

 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: NM
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Solid Brazilian Rosewood
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Ebony
BRIDGE: Ebony
TRIM: Wood
ROSSETTE: Spolted Maple / Abalone
PICK GUARD COLOR: Clear
POSITION MARK: Birds & Dots
TUNER: Schaller Gold / Ebonny Button
BRACING: X Bracing
NUT WIDTH: 44.5mm
SCALE: 645mm
OTHERS1: Cutaway
 
 フィンガースタイルギターの究極とも言われるアーヴィン・ソモギギター。元々はフラメンコのプレイヤーだったことからナイロン弦ギターの製作を始め、1970年代後半から鉄弦ギターの製作もスタート。トラディショナルなものに捉われない独創的な作りのギターは、ウインダムヒルレーベルに代表される新しい演奏法、サウンドを求めるアーティストを中心に注目され世に広まりました。自信の研究や楽器構造に関する執筆、後進の育成にも力を注ぎ、その影響は個人製作家だけでなく、メーカーにまで幅広く及んでいます。ギター製作の新しい流れを作ったパイオニアとも言えるでしょう。こちらのモデルはソモギギターの中でも人気の高いドレッドノートを座って弾いても楽なようにデザインされたモディファイドD。トップにはきめの細かく光沢の美しいスプルース材、サイド&バックには柾目の極上ハカランダを使用。漆黒のエボニー指板にはバードインレイが羽ばたき、スポルテッドメイプルにアバロンを組み合わせたロゼッタが美しいアーティスティックなデザイン。マホガニーのネックグリップにも装飾が施されております。どこを弾いても均一に鳴るというスキのないサウンドはまさにフィンガースタイルギターの最高峰。包み込まれるような倍音感、深みのある響きに恍惚としてしまいます。薄くワイドなネックグリップはハイポジションまでのタッチも滑らかで、レスポンスの良さもどのポジションでも均一。コンディションはほぼ未使用に近く、10年以上の経過は感じません。ヘッドのペグポストの周りにわずかな塗装浮きが見られますが、落ち着いた状態。ネックコンディション良好、フレットなど消耗品の減りもごくわずかですので、ソモギギターの演奏性の良さを十分に堪能できる状態です。現在本国の基本プライスが39,600ドルという高額になっております。流通量もごくわずか。この機会を是非お見逃しなく。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.