YAMAHA GC-30B
【 1975 】

¥150,000
(税別)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX-
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Solid Brazilian Rosewood
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Ebony
BRIDGE: Brazilian Rosewood
ROSSETTE: Wood Mosaic
TUNER: Gold Plate
BRACING: Fan Bracing
NUT WIDTH: 51.5mm
SCALE: 660mm
Body Width at Upper Bout: 285mm
Body Width at Lower Bout: 376mm
Body Length: 487mm
Body Depth at Top: 97mm
Body Depth at End: 102mm
 
 現在でも人気の高いヤマハのクラシックギターGCシリーズ。1966年に本場スペインから技術者を招いた研究が始まり、翌67年より製造が開始されました。GC-30Bは1974年、GCシリーズの研究の集大成として開発された最高級モデル。キャラクターの異なるGC-30A、GC-30Cと並び発表されました。その中でも30Bは当時来日して指導に当たっていたマヌエル・エルナンデスの製法を取り込み、スペインの音を追求したモデルとして知られています。サイドとバックには今や貴重なハカランダのそれぞれ単板が用いられており、丁寧な組上げがされたギターです。独特なヘッドの彫りこみも美しいです。長年の使い込みで弾き傷や塗装の剥げなどは見られ、貫録のある外観とはなっておりますが、それだけに敏感な音の反応、ふくよかでリッチな響きに仕上がった個体です。木部のクラックはなく、ネックの大きな反りもなく演奏性良好な状態。専用ハードケースが付属します。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.