Yuhei Sunami (角南裕平)
Bent Top Madolin
【 NEW 】
¥200,000 (¥220,000)
Special Price !

¥180,000
(税込¥198,000)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: NEW
 
TOP: Solid Sitka Spruce
SIDE&BACK: Solid Indian Rosewood
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Ebony
BRIDGE: Rosewood
TRIM: Wood
ROSSETTE: Wood
PICK GUARD COLOR: Tortoise Color
POSITION MARK: Dots
TUNER: Gotohr / Ivoloid Button
NUT WIDTH: 30mm
SCALE: 350mm
Body Width at Lower Bout: 262mm
Body Length: 316mm
Body Depth at Top: 57mm
Body Depth at End: 69mm
 
 長野県上田市に工房を持つ角南裕平氏は国内の製作学校を卒業した後、アメリカに渡り、故タク・サカシタ氏に師事、その後メキシコのクラシックギター作家ボアズ・エルカヤンの元で学び、現在工房のある長野のSUMI工房に参加。近年はSUMI工房を手伝いながら自身の楽器製作に力を入れ、豊富な経験を活かした楽器製作はフラットトップからクラシック、ウクレレ等多岐にわたります。こちらの楽器はなかでも珍しいマンドリン。古くマーティンなどが製作していたモデルを元にしており、ブリッジ付近でトップ板に角度がつけられたベント・トップにバックはフラットなスタイルが特徴的なモデルです。オーバルサウンドホールのスプルーストップにインドローズサイドバック、寄木によるボディ縁飾りとロゼッタ、トラ杢が美しく輝く外周のメイプルバインディングはSUMIマンドリンを彷彿とさせますが、ギブソン系のフラットマンドリンとはまた違った美しい艶と余韻のあるサウンドが心地よいです。また、ネックジョイントは12フレットとなっており、マーティンのモデルよりも長めのネックで演奏幅もあります。アイリッシュやクラシック楽器との共演にも美しく掛け合いそうな豊潤な響き。2018年製作の新品ではありますが、チョイ傷特価でお買得となっております。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.